煮えたぎるおしるこ オタ気味のぎーにょさんがチラホラ何かを書くという噂
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
平常通り
2010-07-01 Thu 23:29
また始まりました
もう夏休みでいいじゃん


疲れました。ぎーにょです。

今日は、テストの点数のことを書こうと思ったんですが、色々あって内容を変更。


色々と言うのは、今日、じいちゃんの友達が亡くなりました。
死因は網膜下出血(?)らしいです。
その人は、僕もうっすら知っている人で、つい昨日も我が家にたこ焼きを持ってきました。
昨日いた人が、今日はいない。明日もいない。
10年後も、その先も。
それが『死』なんだなと思いました。
僕の中では、その人も、有名人で言うと、マイケル・ジャクソンもいかりや長介もまだ生きています。
それは、僕の中の世界なだけで、現実にはもういない。
それが奇妙でなりません。まだ生きているのに。

僕は記憶にある中では今まで一度も肉親の葬式には出席していません。
それが幸なのか不幸なのかわかりませんが、いざ近くの誰かが亡くなるとなると、僕は平常心を保てるかどうかわかりません。
多分数日間は空元気状態が続くでしょう。
誰も悲しませたくないから。
自分が受け入れたくないから。
多分一番辛いのが、声が間接的にしか聞けなくなることでしょうかね。
『間接的に』と言うのは、ボイスレコーダーやカセットテープなどに録音されている声です。
何かを介してじゃないと二度と聞けない声。
記憶の中の声。
どれも偽りの声。
本物は肉声のみ。
だけど、肉声を発するものがなくなってしまった。
唯一無二のものがなくなってしまった。
その時自分はどうなるか。どうなるんでしょう。

ここで、ふしぎな話をひとつ。
前述のじいちゃんの友達が亡くなる前日、つまり昨日ですね。
その友達が妻と家を出た時、玄関先にカラスがいたらしいです。
いつもは近くの消防署にとまっているカラスが、その日は玄関先にとまっていた。
カラスは不吉なイメージを持たれますが、不吉どころじゃないですね。
そのカラスが、本当にカラスだったのかどうかは分かりかねますが。


そんではノシ
スポンサーサイト
別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<飛べねぇ豚はただの豚だ | 煮えたぎるおしるこ | にわか>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 煮えたぎるおしるこ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。