煮えたぎるおしるこ オタ気味のぎーにょさんがチラホラ何かを書くという噂
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
そうだな、もし
2010-07-09 Fri 23:47
風流だな、もし


雨でごわす。ぎーにょです。

梅雨って夏だから、結構ノスタルジーに浸れるからそこそこ好き。
ついでにこの前書いたイベントもあるからね、秋の次に好きな季節です。

最初にこんな文を書いたのは、今日の記事は風流なものにしようかなと思ったからです。実際、今日1日が風流だったし。
梅雨の時期に風流なものって言うと、雨だったり、紫陽花だったり、五月晴れだったりとなんかとても日本っぽい。
でも、その中で僕はあえて『蛙』を選びます。
僕が住んでる地域で見られる蛙は、アマガエルだったり、アカガエルとかそこら辺。
さすがにトノサマガエルとかダルマガエルとかはみられません。
んで、今日の部活の時、弓道場でアマガエルを発見したので、同輩と後輩を引き連れ『カエル捕獲作戦』を決行。
結果、5,6匹の大体体長10mm前後のアマガエルを捕獲。
捕獲した後は、指先に乗せてずっと眺めてたり、腕に乗せて遊んだりと、結構時間が潰せました。
もちろん、引き連れた人々は皆カエルに触れます。
でも、最近カエルはもちろん、両生爬虫類に触れない人が沢山いるんですよね。
僕は両生爬虫類大好き人間ですので、心配ご無用。
『日本の両生爬虫類』とかいう3000円ぐらいの本を持ってるぐらいです。
決定版 日本の両生爬虫類決定版 日本の両生爬虫類
(2002/09)
内山りゅう 沼田研児

商品詳細を見る

↑これね
話は戻りますが、僕含め、引き連れた人々みんなでカエルと戯れていました。
でも、カエルと女の子っていい組み合わせだよね。
理想としては、和服の女の子が手にアマガエルを乗せてるものとか、児雷也(NARUTOじゃないよ)チックに大きなカエルに乗ってたりとかがいいな。
カエルの話終わり!

今日の帰りがけは雨が降ってました。6時半ぐらいかな。
んで、自転車を漕いでいると、後ろから太陽の光が!しかし、雨は降っています。
俗に言う、『お天気雨』とか『狐の嫁入り』とか言う奴です。
そんな天気の日で雨があがってくれると、高確率で虹が見れます。
こんな感じに。
IMGP1754_convert_20100709230935.jpg
手ぶれ、と言うか、フォーカスがズレてしまった。なんか残念。
オーストラリアの民間伝承に『虹蛇』と言うものがいますが、まさにそんな感じ。全てを記録してそうな虹色。まるでディスクの裏面みたい。
虹の根元には宝物が埋められていると言われていますが、多分根元にたどり着いたら宝なんてどうでもよくなるんでしょうね。なんだって、周りが光り輝いているから。
僕が最後に虹を見たのは多分小学生か中学生の時でも前半ぐらいですかね。だから約3年ぶりだと思います。
久しぶりに綺麗な虹を見ると、なんか心が洗われるというか、雨で体が洗われた感じです。
でも、また虹みたいな~、なんて思ってます。制服ビショビショなのに。


明日は模試。とっとと寝ないとサンドマンが来るぞ~!ノシ
スポンサーサイト
別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<Destroy | 煮えたぎるおしるこ | >>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 煮えたぎるおしるこ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。