煮えたぎるおしるこ オタ気味のぎーにょさんがチラホラ何かを書くという噂
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
パリッ
2011-04-01 Fri 23:15
シャクシャク
ゴクッ
出涸らし。
14歳周辺っていいよね。あの年代の女子は見てて飽きない。

以上、パリパリチキンを食べる時の音でした。ぎーにょです。
18超えると、なんか違うんだよな。
何故か2度目の更新。
ちょっと悲しい事が起こったから。
性的な何かじゃなくて、神秘的というかなんというか。
よく分からないんですけど、惹かれます。

あの後、ブックオフに行ったんですよ。後輩誘って。
そしたら、まさかまさかの旧友にあって、ちょっとお話。
変わってないけど、ちょっと怖くなったような……。背も大きくなったし。
んで、話し終わってちょっと彷徨ってたらまさかまさかの今友と遭遇。
ちょっと喋ってじゃあねと。
そっから、マンガを数冊もってレジへ。
そしたら、お会計が635円だったんですよ。
で、僕はお金を出したら、店員が、
「680円からお預かりします」
って言って、見てみたら、本当に680円出していました。恥ずかしい。
「あっ、すみません」
って言って50円玉引っ込めて5円玉出したんですけど、その時店員笑ってました。
いやぁ、恥ずかしい。多分僕の顔紅かったと思います。
んで、そっから晩飯を買いにケンタッキーへ。
男子の14歳周辺って、バカやって邪気眼発動してるころですよね。魅力なし。
ケンタッキーに行って、最近出た新しいのをお持ち帰りで注文して、帰ろうと扉を開けたら、ピンクのメガネの我が母校のトレーナーを着ている目測148~150cmの女子が向こうから来るではないか、来るではないか。あの初々しさからしてたぶん新中2。可愛い。
僕は誰かがいたら扉を押さえて通らせる主義なので、この時も例によって扉を押さえました。
僕は内側から対角線で抑えたので、その娘は必然的に僕の腕の下を通らざるを得ません。
まぁ、その娘も仕方なく僕の腕の下を通りながら、上目遣いでこっちを見てきました。
むっちゃ可愛い。可愛い。可愛い。可愛い。
なんか狂気じみてきたけど、おそろしく可愛かったです。脳内から映像を引っ張り出してきてBDに焼きたいぐらい。我が家じゃ再生出来ないけど。
その後、僕は外に出て、その娘の祖母であろう淑女が入るまで扉を押さえてました。淑女も小柄でかわいかった。
これで、今までの恥ずかしさが一気になくなり、ハイテンションで帰宅しましたとさ。
言葉では言い表せないんですけど、妖精一歩手前みたいな。
言ってる意味が分かる人は僕の親友です。

この記事書いててね、自分が変態だってことを再確認しましたよ。
変態だっていいじゃないか!
世間は『We love 常人』でも、僕は『I love 変態』なんです!
揺るぎないね、これは。
でも、ロリは認めるけど、ペドは認めないからね。
そんではノシ
スポンサーサイト
別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ニシヒガシ | 煮えたぎるおしるこ | リア充だぜぇ!>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 煮えたぎるおしるこ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。