煮えたぎるおしるこ オタ気味のぎーにょさんがチラホラ何かを書くという噂
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
人工美声
2011-10-11 Tue 23:41
人工声帯で声が自由に変えれる時代が来ると信じて


高音がでない。ぎーにょです。

昨日、カラオケに行ってきました。
友達3人とフリーで10時入りです。
趣味が合う友達ばかりでしたので、懐メロを歌ったり特撮モノの主題歌を歌ったりと盛り上がっていました。
で、途中、友達が飲み物を取りに行って帰ってきた時に、
「初音ミクがいた」
と言いました。
『初音ミク』と言えば、CRYPTONから発売されているあの某和々動画で何気にブーム中のソフトですね。
でも、現実世界にミクが居るとするならば、『ARToolKit』を使った動画がありますが、どうもそれとはまた違うよう。
詳しく話を聞くと、初音ミクのコスプレをした子どもっぽい人が飲み物を取りに来ていたとのこと。
なんだコスプレか……、とは思いつつも、名古屋駅西口でゴスロリ服を数回見たことあるぐらいしかない僕なので、ガチコスプレがどういうものなのか気になります。
で、その後他の友だちと飲み物置き場へ足しげく通う事に。
最初行った時はいなかったのですが、2回目、遭遇。
まごう事無き初音ミク。エメラルドグリーンの長髪とあの二の腕が物語っていました。
最初はただ呆然と、「コスプレってこういうものなんだぁ」と思いながら眺めていましたが、一緒に見た友達が、
「俺、ミクさんと握手してくる」
と言って、その後何回も飲み物置き場へ通い、ついに接触に成功。部屋に帰ってきた時、満面の笑みでした。
その後友達は何回も通い、2回目の接触に成功。2回目は少しばかりの会話だったらしいです。
それにしても、コスプレっていいね!一目で同じ趣味の持ち主だと分かる安心感。そして、二次元を三次元に現す次元を超越した試み。ロマンにあふれています。
でも、お金がかかるんだよなぁ。そこがネック。


受験に対してそろそろ危機感を覚えてきました。
さらに更新率が減る可能性があるのでご了承ください。
そんではノシ
スポンサーサイト
別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<温さ、躰を包む | 煮えたぎるおしるこ | おかか>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 煮えたぎるおしるこ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。