煮えたぎるおしるこ オタ気味のぎーにょさんがチラホラ何かを書くという噂
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
ラブ
2011-10-22 Sat 23:24
rubの方です


大雨かよッ!ぎーにょです。

本棚待機マンガが30冊を突破しました。
どうどうしようかと思っていても、机の傍らに積まれていくマンガたち。
結構壮観。紙の束の壁です。
でも、もうそろそろ本気で考えないといけないよなぁ。
本はしまえないし、欲しいマンガは溜まっていくし……。
二律背反的な状況。ヤマアラシのジレンマみたいな?
いらないマンガを売るのもひとつの手なんですが、残念なことにコレクター体質の僕はそんな事もできず、友達から借りて読んだ本も改めて自分で買いたいぐらいです。
本棚に収容されているマンガの量は一目で分かる読書量。読んだマンガは全て本棚の肥やしとなってほしいです。
この調子で行くと、数年後には1000冊超えてそう。今でさえ482冊あるのに。
どうなることやら。

タイトルのことなんですけど、これは中古の本を買った時の値札の剥がし方です。
主にブックオフなんですけど、値札剥がしたらシールの粘着部が残っちゃうことありますよね。
僕はそれを丸めたティッシュで思いっきりこすります。カバーが摩擦熱で熱くなるぐらいこすります。
で、こすった部分を確認してみるとこすった方に粘着部が伸びてますので、それの垂直方向からまた激しくこすります。
で、また確認して納得がいく感じになったら終わりです。
その他にも、曲がった本を安く買ってきてキツイ本棚の間に数カ月間入れて矯正したり、前の持ち主が剥がすのに失敗したシールの黒くなった粘着面とかを頑張って新品同様まで戻します。
なので、僕の持ってるマンガの裏のバーコード辺りはほぼ新品に近いぐらい綺麗です。
中古本を買いに行くときは、自分の爪の伸び具合にあわせて買いに行きます。切ったばっかりだと値札が剥がせないので。
これ、意外と楽しいですよ。結構いい汗かけますし。
マンガへのLOVEをRUBで伝えます。


明日は模試。
風邪気味なのでツライかも。
そんではノシ
スポンサーサイト
別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<よく分からないこと | 煮えたぎるおしるこ | 温さ、躰を包む>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 煮えたぎるおしるこ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。