煮えたぎるおしるこ オタ気味のぎーにょさんがチラホラ何かを書くという噂
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
よく分からないこと
2011-10-31 Mon 23:23
自分ではない自分から生まれた子供は自分の子供と思えるのでしょうか


悩み続ける日々。ぎーにょです。

タイトルの事なんですけど、なんか最近意味が分からないことをよく考えるようになりまして、その一つがこれ。
まず何故これを考えたかと言うと、結合双生児について考えていた時に、例えば体が結合していて双頭の女の子がいて、一人が愛した殿方の子供を生んだ場合、もう一人の娘はその子供を自分の子供だと認識するのか否か。
普通だったら自分の娘じゃないので自分の子供だとは思わないと思うんですけど、双子ちゃんはたまにテレパシーじみたことをやるときがあるので、それよりもっと濃い感じの意思共有能力があるのかなって。
もしそうだったら一人が好きだともう一人も好きになり、結果両方の望む子供が産まれるはず。
そうでなかったら、一人は和姦でももう一人は強姦というよく分からないことになりかねません。
双頭の結合双生児ではない僕が考えても答えは出ません。何しろあっちは二人ですので。

あと、最近人の恋愛感情についてよくわからなくなってきました。
『人を愛する』ということは、そのもの自体で意味を成すことなのか、それとも何か他の感情の複合体として出来上がったものが『人を愛する』と言うものなのかということです。
自然界だと、動物は発情期になるとこぞって雌と致すんですけど、僕が見る限り、そこには人間みたく恋愛感情の介入は無しで、『種の保存』のためだけの行為だと思うんです。
しかし人間は、正当な手順で行くとまず恋人を作り親睦を深めてから枕を共にするというふうに、悠長としているというかなんというか、『種の保存』の前に『人を愛する』という過程が入ります。
これを見ると、『人を愛する』と言うのは『種の保存』とその他諸々の複合体と思えます。その『その他諸々』がなんなのか、母性本能なのか独占欲なのか、よくわかりません。
『人を愛する』がそれ自体で意味を成すものだったら、これは自分たちの天敵がほぼいなくなった世界に住んでいる人間だからできる一種の娯楽でしょうか。そうだったら、幸せです。
その娯楽を享受したことがない一つの肉塊のが文字上で考えたところでどうにもなりませんがねッ!


必要な時に必要なことを出来ないものなんですね。僕って。
いつもならやれるのに。
そんではノシ
スポンサーサイト
別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<時にはどこかの王のように | 煮えたぎるおしるこ | ラブ>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 煮えたぎるおしるこ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。